大飯原発再稼動の賛否を問う街頭シール投票を全国各地で行います


by oigenp

呼びかけ文

       大飯原発再稼働 賛成?反対?全国投票 呼びかけ文

 関西電力大飯原発3,4号機の再稼動問題が緊迫した情勢にあります。政府、関西電力は再稼動を急いでいますが、周辺府県知事は安全の確保が保証されておらず、拙速に過ぎると慎重姿勢を示しています。
 福島の事故からも分かるとおり、ひとたび大飯原発で事故が起これば、その被害は、原発マネーで潤ってきた地元だけにとどまらず、広く周辺府県の住民にまで及ぶことは必至です。したがって、再稼動に際しては地元のみならず、周辺府県住民の意思が尊重されなければなりません。また、大飯原発の再稼動は、現在すべて停止している全国の原発の再稼動にも重大な影響を及ぼします。
 そこで私たちは周辺府県住民をはじめ、全国の住民が大飯原発再稼動をどのように考えているかを市民の手で調べるために、大飯原発再稼働 賛成?反対?全国投票を実施することにしました。投票期間は5月3日(木)~5月30日(水)です。全国の投票結果は政府、経産省、全国の電力会社、周辺府県知事、そしてすべての国会議員に届けます。
 大飯原発再稼動に関心をお持ちの全国の、とりわけ大飯原発周辺府県の個人、団体のみなさんの投票への参加を呼びかけます。
  2012年5月5日
 
 呼びかけ人(5月7日現在)
 
 浅井 基文    広島市立大学広島平和研究所前所長
 池住 義憲    立教大学大学院教授 
 池田香代子    翻訳家
 伊藤 成彦    中央大学名誉教授
 上原 公子    前国立市長
 高山 俊吉    弁護士
 寺尾 光身    名古屋工業大学名誉教授
 豊島 耕一    佐賀大学理学部教授
 福田 雅章    一橋大学大学院法学研究科名誉教授、DCI日本支部代表
 毛利 正道    弁護士
 山口正紀     ジャーナリスト
 矢山 有作    元衆議院議員
                 事務局 野田隆三郎(岡山大学名誉教授)

 
by oigenp | 2012-05-03 12:35